Windows 7 アップグレード徹底ガイド - メール環境のアップグレード

マイクロソフトWindows 7 アップグレード徹底ガイド。
メールだけで独立した解説がありました!

http://www.microsoft.com/japan/windows/windows-7/guide/mail.mspx


Windows XPVistaOutlook ExpressWindows メールから、 Windows 7Windows Live メールへの移行方法が詳しく解説されています。


パソコンが新旧2台ある場合や、1台のみでアップグレードする方法などなど、ケース別に細かく手順が分かれています。
でも、すっきりと図解されているので、自分がどのケースにあたるのか、初心者でもわかりやすいんじゃないかと思います!


実際の移行手順も考え方はシンプル。

  1. 現状の Outlook ExpressWindows メールを Windows Live メールにアップグレード。
  2. Windows 転送ツールでバックアップ
  3. Windows 7 上でバックアップを復元
  4. Windows 7Windows Live メールをインストール。
  5. Windows Live メールを始めて起動。(初回起動時に設定等を自動でインポート)

Windows Live メールの初回起動より前にデータを復元しておくことがポイントだそうです。
データ復元前に、Windows Live メールを起動してしまうと、自動インポートができなくなってしまうんですね。
くれぐれもご注意を!


なお、一番シンプルなのは、VistaWindows 7 を上書きインストールする場合。

  1. Windows 7 を上書きインストール。
  2. Windows 7Windows Live メールをインストール。
  3. Windows Live メールを初めて起動。

これだけ^^;
つまり、実のところは、Outlook ExpressWindows メールから Windows Live メールへ直接インポート可能なんですね。
移行前に Outlook ExpressWindows メールを Windows Live メールへアップグレードするのはなんででしょうね?
Windows 転送ツールでデータ復元時に元のアプリ(Outlook ExpressWindows メール) が存在しないと、うまくいかないのかな?
それくらいうまくやってくれてもよさそうなものですが。^^;


私の場合は、Windows 7 から移行前の VistaWindows メールのデータフォルダへアクセス可能だったので、Windows 転送ツールは使わずに、直接フォルダを指定してインポートしました。

Vista の Windows メールから Windows 7 の Windows Live Mail へ移行 - まぶてく!
Windows Live Mail クライアントのアドレス帳へインポート - まぶてく!

ご参考まで。^^)

                                                                                    • -

Amazon.co.jp: Microsoft Windows 7 関連商品ストア: スペシャル・フィーチャー