故障ディスプレイの代替機が届いた

故障した RDT231WLM の修理と引き換えに代替機が届きました。
コールセンターに電話して、週末なのに翌日来てくれるというのは、なかなかやるな、三菱電機


口コミでは、代替機は RDT231WM が来ることが多いとのことでしたので、「超解像」がいかなるものか期待していたのですが。
うちに届いたのは MDT221WG でした。

商品には リモコンが付いているのですが、代替機には付いてきませんでした。^^;


WLM はスタンダードモデルで、どちらかというとオフィス向け。
WG はマルチメディアモデルで、ゲームや動画向け。
最新の 2 世代目の WGII は VA オーバードライブなので、WG が届いたときちょっと期待したのですが。


初代 WG は TN でした・・・。

http://www.mitsubishielectric.co.jp/home/display/product/mdt221wg/index.html

MDT221WG は、視野角や応答速度、明るさ、コントラストとも WLM と同程度ですねぇ。
ま、現行最新機種の 1 世代前の機種なので、そんなものか。


調整にもよるのかもしれませんが、デフォルトおよびプリセットのモードを使っての印象は、良く言えば「発色がいい」、悪く言えば「けばけばしい色合い」に感じます。^^;
並べて見ていないのでなんですが、RDT231WLM の方がテキストのシャープネスが上のような気がします。


WindowsClearType を RDT231WM に最適化してあったですが、MDT221WG だと ClearType 文字がちょっと白っぽくなっちゃいます。微妙に特性が違うんですねぇ。

                                                                                      • -

マルチメディア用途なら、こちらもオススメ。 MITSUBISHI 23型液晶ディスプレイ(ノングレア) RDT231WM-X(BK)