SugarSync で「アップロードが保留中」が続く場合の対処方法

少し前から、MacBook Air にログインする度 = SugarSync が再起動される度に、「アップロードが保留中」となり、しばらくずっと同期アイコンのままになる現象が続いてました。

引っかかっているファイルは分かっているのですが、既に存在しないファイルで、どうしたもんかといろいろ調べたところ、SugarSync クライアントの SugarSync Manager のリセットで解決しました。


で、SugarSync Manager のリセット手順はこんな感じ。

1. SugarSync Manager を開き、[command]+[Shift]+[R] を押す。 (Windows なら [Ctrl]+[Shift]+[R])

上記のようなダイアログが表示されるので、[はい] でリセット開始。
同期設定はサーバー側に保管されていますし、クライアント上の同期ファイルにも一切影響はありません。
SugarSync Manager はこのまま勝手に終了しちゃいます。


2. SugarSync Manager を再度開くと、下記メッセージ。


3. ログインすると下記メッセージ。

もちろん、[はい] をチェックして、[OK]。


4. 同期状況のチェックが始まります。

最初は上のような感じで、まったく同期されていないと認識してますね。
時間が経つにつれて、同期状態のプログレスバーが進んで行きます。
実際にファイルを同期し直しているわけではないようです。でも、全対象ファイルをチェックするので、利用状況によってはかなり時間がかかります。


5. 同期チェック完了。

これで存在しないファイルの「アップロードが保留中」メッセージも消えてスッキリ!

                                                                    • -

↓↓下のリンクから登録すると、無料プランなら 500MB、有料プランなら 9.5GB が無料でプラスされます。あなたにも、私にも^^)

https://www.sugarsync.com/referral?rf=bmqn56o3k9t6v&utm_source=website&utm_medium=web&utm_campaign=referral&shareEvent=6118229