Office for Mac 2011 14.3.9 アップデート

Office for Mac 2011 に 2013/11/19 付けのアップデート!


くわしくはこちら。(2012/11/22 現在、機械翻訳)

この更新プログラムには既定値は、yahoo! メールのアカウントを POP するのではなく IMAP を新しく構成する機能が含まれます。この更新プログラムには、既定値は、POP するのではなく IMAPOutlook.com アカウントを新しく構成機能も含まれます。

開封済みメッセージ、開封済みメッセージが要求されたメッセージを読んだ後に送信するには、常に原因となる問題が修正されます。この更新プログラムには、開封済みメッセージを送信して、(常に送信またはメッセージを送信しない) の選択に注意してくださいかどうかを判断することができる機能が含まれます。この更新プログラムは、Microsoft Exchange Server 2007年、Exchange Server 2010年を Exchange Server 2013年累積的な更新 3、および Microsoft Exchange Online の Microsoft Office 365 の設置型に適用されます。

  • Mac. の Outlook の会話のスレッドが向上します。

この更新プログラムに使用する機能が含まれています、内の返信先および会話を向上させるために、メールのヘッダー内のフィールドの参照は会話のビューの表示のスレッドです。

  • Exchange に接続するMac 用の Outlook の機能が向上します。

Outlook for Mac Outlook で特定のプロキシ サーバーを使用する場合、Exchange に接続するには、ないの問題が修正されます。

  • Mac. の Word の機能を向上します。

この更新プログラムは、OS X Mavericksポーランド語の Word 2011 を起動すると、クラッシュの原因となる問題を修正します。

えっと、ほとんど Outlook 関連ですね。あと、Mavericksポーランド語の Word を起動するとクラッシュする問題を解決。


ことえりWindows 風のキー操作を ON にしたときのクラッシュは Office 側では対処できないのかなぁ^^;

                                                          • -

ダウンロードで 24 時間インストール可能。