Parallels Desktop で Chrome OS ^^;

Parallels仮想マシンリストの下の▼をクリックしたら謎のメニュー!
Chrome OS のダウンロード」?

クリックしたらいきなりダウンロードが始まっちゃいました。

その結果。

動くの?


動いた!!!

Google アカウントでログオンできるそうです。



Gmail が表示されました。
Google Calendar のタブも勝手に開いてます。


スタートメニューならぬ Chrome メニュー(?)にもいろいろあります。


なるほどー。
Chrome OS ってこういうことだったんですね。
要はクラウドですべて用が足りますよ、と。
なっとく。^^)


ウルトラモバイルやハンドヘルドなデバイスなら、これはこれでいい感じです。
でも「ネットワークが切れたらおしまい」ではちょっと悲しすぎますねー。
モバイルデバイス用には、キャッシングのテクノロジーを組み込んでほしいです。


カスタムアプリが欲しかったら自分で Web アプリを作ればいいので、ある意味拡張性は無限大。^^;



いやー、十数年前(?)に何かのイベントで夢中になって触った Sun の JavaStation (だったかな?)を思い出しますぅ。(なつかしー)
やっぱり当時の NC 構想は時代を先取りしすぎてたんですねー。